サンクス沖縄自社ビル

TOPへ

TOPへ

TOPへ

TOPへ

TOPへ

TOPへ

資料請求フォームへ

TOPへ

サンクス沖縄ボスのブログ

サンクス沖縄スタッフブログ

 

私たちの会社

社長が語る

社員が語る

事例集

 

採用情報

募集要項

 

気になる物件がある・・!
予算はこれくらいなんだけど・・!
そんなときはお気軽にメールで
お訊ねください。
すぐにこれぞという物件や
情報をお知らせします。

info@thanks-okinawa.com

 

いつもサンクス沖縄をご利用頂きありがとうございます。

サンクス沖縄は沖縄銀行と住宅ローンの提携契約を締結致しました

当社取り扱いの新築・中古物件については、借入期間1.2%の金利優遇が利用できます

最新の物件情報に更新しました。

魅力物件掲載致しました

 

 

 

 

 

話題の物件

 

事例集

現在、お子様が通われている小学校区エリアに絞ってマンションをお探しのG様。

そんな中、弊社が販売を行っている分譲マンションギャラリーにご来場頂きました。

ご見学時、ご家族皆様満場一致で同じ間取りがお気に召したようで、

家族そろってリビングで団欒する様子や、この部屋は誰の部屋にするか等、

皆で楽しそうに夢を膨らませている様子がとても微笑ましく思いました。

一度、落ち着いて家族でじっくり話し合いたいという事で、一旦ご自宅に帰られました。

 

その日の午後G様からお電話があり前向きに検討しているのだけど、

相談したい事があるという連絡でした。


G様には、車のローンや教育ローン等があり、新たに住宅ローンを組むことができるのか

不安であるとの事でした。G様に限らず、住宅購入を検討されている方で同じような

お悩みをお持ちの方は少なくありません。

そんな中、某金融機関の商品で現在利用中のローンを住宅ローンにまとめることができる

最適な商品(住宅ローン)をご提案致しました。


一緒に金融機関へも相談に行き、お悩み事を無事解消することができ、G様はとても

喜ばれていました。そして、悩みを解消できたことで、その後無事にご成約頂きました。


お客様のお悩みを解消することができたことも嬉しかったのですが、G様がその日初対面

であった私に悩みを正直に打ち明けてくれたことが私にとっては嬉しいことでした。

その後もG様はお悩み事や不安に思うことがあると私にご連絡を下さるようになりました。


お悩みは簡単に解消できるものではありませんが、G様が困った時に一番頼りにして、

信頼して頂けていることがとても有り難く思います。

今後もG様の気持ちに寄り添える人でありたいと思います。

 

 川端タテヨコ.jpg担当:川端

弊社分譲マンションの現場の看板を見て、S様から一早くお問い合わせを頂きました。

当時は、まだパンフレットや図面集・価格も決まっておらず、出来次第ご連絡する旨を

伝えていました。

資料が揃い、事前にお問合せ頂いていたS様にご連絡すると、お電話口から嬉しそうな声で

「説明を受けたい」という申し出で、日にちをお約束し、ご来店頂きました。

 

話を伺うと、数年前から今お住まいの近隣で、土地や戸建てを探されていたそうですが、

現在支払い続けているお家賃のことや、なかなか見つからない土地や一戸建てを

何年も掛けて探し続けるより、マンションの将来的な運用計画を見据えご購入を決断されました。

 

ご希望の地域で、ようやくマイホームの夢がかなったS様。

ギャラリーをご見学頂いている時も「シューズボックスに鏡が欲しいね」「僕も子供部屋が

欲しい!!」など、S様ご家族が夢を膨らませて話されている姿を見ていると、私も幸せな

気分になり、今後も精一杯お手伝いさせて頂きたいと思いました。

 

実は、私にとって初めての契約がS様です。

お客様が輝き、喜んでいる姿は本当に素晴らしいなと感じました。

これからも常にお客様の立場になり、考えて行動していこうと決意しました。



柴引タテヨコ.jpg担当:柴引

M様からのお問合せは、中古一戸建の物件でした。

初めてお会いした時、M様がこんな話をされました。

「これまで、色々な住宅を見たり、沢山の不動産業社の話を聞いたりして、

自分が理想としている家が分からなくなってしまった。」とのこと。

実際にお問い合わせを頂いた物件もM様のご予算とは、かなりかけ離れた金額の住宅

でした。

M様のような状況は、何年もの間ずっと住宅を探されている方に良く見受けられるケースです。

 

実際に同業他社様の物件も含め複数の物件をご案内させて頂きましたが、

「これだ!」と、ピンとくる理想の住宅にはなかなかめぐり会えませんでした。

私は定期的に連絡を取りながらも、M様自身がもう一度自分自身が理想とする住宅の

考えを整理する期間が必要だと感じていました。

 

それからしばらくしたある日、M様から「気になる住宅があるのだけど見学出来ませんか?」

というお電話がありました。

その物件はM様が希望している1つ1つの条件が整っていて、今まで見た中で一番

気に入っている様子でした。場所・金額・大きさ・間取りと何一つ申し分なかったのですが、

ただ1つだけ大きな問題がありました。

全面リフォームが必要だと言う事です。

 

M様はリフォーム資金を現金で準備しないといけないと思い、これ以上現金の準備が

出来ないという理由で、諦めかけていました。でも、条件もピッタリで、M様お気に入りの

住宅だったので、このまま諦める事はM様にとって良い選択ではないと思いました。

そこで色々相談していくうち、資金的な余力を感じたのでM様に「リフォーム資金も

銀行から借りるのはどうですか?」と提案しました。

リフォーム資金の借り入れが出来ることを知らなかったM様は、とても驚かれていました。

リフォームローンについて一つ一つご説明させて頂き、納得・決断し、そして遂に

夢のマイホームを手にすることが出来ました。

リフォームも無事完了し、マイホームへ引越し、楽しそうに生活されているM様と

そのご家族の顔がとても微笑ましかったです。


新里タテヨコ.jpg担当:新里

日々の通勤に不便を感じていたS様ご夫妻は、職場のあるうるま市でお住まい探しを

していました。

そんな折、弊社の販売するマンションの新聞広告をたまたま目にし、「一度、見学を!」と

思い立ってご来場頂きました。

実際にマンションを見学するのは初めてで、ご希望されていた地域でもなかった為、

ご夫婦とも当初は、将来の為に何となく見に来たという雰囲気でした。

しかし、周辺環境も含めた分譲マンションのご説明をさせて頂く中で、当マンションの

良さを知って頂くことが出来ました。

当マンションは、スーパーやコンビニ・大型ショッピングセンター等が徒歩圏内にあり、

また病院やクリニックといった医療施設も充実、日々快適に暮らすには魅力あふれる

場所であるということ。また、国道や高速道路のインターチェンジにも近く、多方面への

アクセスがしやすいことなど、立地の良さを大変気に入って頂きました。

そして、S様ご夫妻には居住階にもこだわりがあり、希望していた階が1部屋だけ残って

いたことにも、少し大げさな表現かもしれませんが、運命を感じられたようで、S様ご夫妻

の決断と行動は素早く、すぐにご契約までの運びに至りました。

不動産の購入は初めての経験で、少し緊張された面持ちではありましたが、通勤時間も

半分ほどに短縮できることを大変喜んでいました。

 

余談ですが、うるま市でお仕事されているのはご主人様で、毎日通勤の送り迎えを

奥様がされているそうです。

「ご主人様を支える奥様」という、お二人の関係がとてもうらやましく感じました。

マンションはまだ建築中で、完成までまだしばらく時間があり、実際にお住まいになられる

のは、まだ先の事ですが、これからは通勤の負担も軽くなり、お休みの日にはショッピング

を楽しんだり、S様ご夫妻が快適な暮らしを、ここで送れる日が来ることを今から楽しみに

しています。


川端タテヨコ.jpg担当:川端

  

新築分譲マンションギャラリーにご来場頂きましたN様夫妻は、

ご結婚されたばかりの新婚ご夫婦様。

もともとご主人様がお一人で居住されていた賃貸アパートに一緒に

暮らしていましたが、二人で住むには手狭さを感じ、もう少し広めの

賃貸アパートへお引越しを検討していました。

そんな時、新築マンションのチラシを目にして、分譲マンションの購入という

新たな選択肢を模索し、実際にモデルルームのご見学にいらっしゃいました。

 

マンションのモデルルームを見学し、商業施設や医療機関が徒歩圏内に多く

ある事や、交通の便の良さ等、生活環境が整っていて、生活に便利だという面を

とても気に入って頂けました。

間取りも開放感のあるタイプを気に入って頂き、お二人で暮らしているイメージを

想像しながら、終始和やかな雰囲気でご案内させて頂けた事が凄く印象に

残っています。

 

しかしご夫婦には他にも気になっている物件が有り、職場により近いマンション

とも比較検討したいと、その日は帰られました。

数日後、再度ご来場頂いた時に間取り図を見ながら、不安に思っていることや、

ご夫婦それぞれのご家族の事、将来の予定など、少し踏み込んだお話しもお伺い

させて頂く事が出来ました。

全ての事情を聴く事により、当マンションがご夫婦とそれぞれの家族にとってより

良い場所であることが分かり、ご契約して頂く事が出来ました。

 

N様ご夫婦との出会いを通じて嬉しかったことは、まだ仕事経験の浅い私に

対して、お二人が心を開いてくれ、素直に胸の内を打ち明けてくれたこと

でした。

それにより気がかりに思っている部分を解消出来、ご成約に繋がったのだと

思います。

ご夫婦が結婚という人生の節目をきっかけに住宅購入を検討し、これから

新しいご家庭を築いていく場所として当マンションを選んで頂けたことが、

とても嬉しく思います。

モデルルームで想像を膨らませながらN様ご夫婦がお二人ともニコニコとした

表情でお話しされているのを見て、私自身とても幸せな気持ちになりました。



川端タテヨコ.jpg担当:川端

 

U様ご夫婦より新築分譲マンションのモデルルームへご来場いただきました。

 

U様ご夫婦は沖縄本島南部のご出身で、仕事上の都合により中部の賃貸アパートに

住まわれていました。今回マンションを購入しても、「将来的に何年後か先には、

購入したマンションを売却及び賃貸させて南部に戻りたい」という将来像を

しっかり持っていました。


モデルルームをご案内時にも特徴を説明し、売却時・賃貸時と納得して頂き、

お申し込みを頂くことができました。

 

しかし、後日U様よりキャンセルのご連絡が有りました。

「売却を考えるならば、別の新築マンションの方が豪華で値下がりしないだろう

と考えた」との事でした。

残念ではありますがU様の意向を尊重してキャンセルを受付けすることにしました。

 

ただ私にはある疑問が・・・

「本当にU様が検討されているマンションは、U様ご夫婦の将来像にあう

マンションなのだろうか?」

 

U様が今回決めた別マンション周辺の調査をしたところ、これから複数の分譲マンション

が計画されている事が分かりました。


この事は将来、中古市場として売却を考えた場合、複数からなる同一地域で売却

物件が数多く出た時には価格競争が始まる可能性があったりします。

また中古物件を探される方は場所・価格・間取りを最も重要視しており

「豪華さ」は二の次、三の次になる傾向があります。

 

キャンセルの手続き後、調査の内容をU様にお伝えしたところ、「売る時も豪華な

方が良いと思っていた・・・。」と大変ビックリされ、「こちらの方が場所も

価格も良く売却時のライバルも少ないですね。」と、再度比較検討して頂き、

ご契約に至りました。

現在、U様ご夫婦は間取りやカラーセレクト等、悩みながらも楽しい時間を過ごされています。

ご夫婦で素晴らしいご家庭を築いて頂ければ、嬉しく思います。

佐藤タテヨコ.jpg担当:佐藤



初めてK様に中古住宅を内覧して頂いた時、K様の一言目は『いくらまで金額下がるの?』でした。

一瞬、戸惑いましたが、当該物件の今までの経緯や近隣の相場、

市場の動向や建築コストなどから金額が適正であることのご説明をし、

その上で売主様のご希望の金額である旨をご説明させて頂きました。

K様はご自身で建築関係の事業を経営されている職人さんで、建築コストや市場の動向なども含め、

私が説明した地域情報や現状での売買事例などを納得して頂き、

説明が間違っていないことを理解して頂きました。

 

それから話は順調に進んでいたのですが、予定していた契約日前になんと

当該物件に対して良くない噂をお聞きしたとの事で、契約をキャンセルしたいという連絡が入りました。

 

良くない噂の正確な説明は出来ませんが、私共もその事実は初めて聞いた話で

売主様に確認すると事実である事が分かりました。

確かに事実は事実で、私共も事前に情報を把握出来てなかった事は真摯に反省しなければなりません。

但し、良くない噂とは事件・事故ではなく通常他の住宅でも日々あり得る事で、

それをどの様に捉えるかはK様次第です。

私はK様がお住まいになられたとしても問題は無いのでは?と、お話しました。

K様はしばらく考えた結果、物件を気に入っていることには変わりなく、

確かにどこの住宅でもあり得る話であったことを理解し契約に到りました。

 

当初、当該中古住宅を複数の不動産会社によって紹介されていましたが、

K様はいくつかの不動産会社の中から弊社を選んで頂きました。

弊社を選んで頂いたキッカケはネットで掲載していた広告のキャッチコピーだと

契約後の打合せの中でお聞きしたのですが、重ねて

『でも他の会社や他の人じゃなくてサンクス沖縄の金城さんで良かったさ~』と

どんな栄養ドリンクよりも元気になるお言葉を頂きました。

 

誠実に対応し、お客様にも喜んでもらえる。

これからもそんな営業マンを目指して頑張ります。


金城タテヨコ.jpg担当 金城



ご親戚の方が所有している共同住宅にお住まいのI様。

お子様も独立し、ご夫婦2人老後のお住まいをお探しとの事でお問い合わせが有りました。

 

問い合わせを頂いた当日に弊社でお預かりしている土地をご案内させて頂きました。

I様のご希望は、「場所や新築、中古に特にこだわりは無いが、これからの生活も考えて

資金的に無理なくマイホームが欲しい」とのことでした。


I様のこれからのライフプランを含めご要望や優先順位などのご提案をお話しさせて頂きながら、

弊社と提携しております建築会社様の建物プランも合わせてのご提案とご説明させて頂きました。

その後、トントン拍子でお話しが進んで行きましたが、

実は他でも気になっている物件があり一度はお断わりを頂きました。

しかし、後日改めてご連絡を頂きご契約に至ることになりました。

 

ご契約の時にI様の奥様から・・・

『主人が、あなたの接客対応を褒めていた』

『今後のことを考えて的確なアドバイスを頂いた。』

『これまでもいくつかの不動産業者の方とお話しをしたが、1番良かった!』


と、半分以上はお世辞と受け止めさせて頂きましたが(笑)

それでも感謝のお言葉と私の対応にお褒めのお言葉を頂いた事が、正直本当に嬉しいです。

関係協力会社様のご協力の下、現在建物の計画中です。

I様の老後の生活が穏やかで、ほっこりとした安らぎの住まいである事を願います。


佐久川タテヨコ.jpg担当 佐久川



お客様O様からご見学希望のお問い合わせを頂いた物件は、新築の一戸建て住宅でした。

 

その新築一戸建て住宅は、建築中で完成予定物件として広告掲載していたので、

その当時はご案内することが出来ませんでした。

完成が近づき、ご来場して頂いたのは最初にお問い合わせを頂いてから約2ヵ月が経っていました。

私は長らくお待たせしてしまった事や、O様がお住まいになられている地域と

ご見学頂く物件とでは生活環境も異なり、職場との距離も離れてしまう事、

立地の面も含めて気に入って頂けるかどうか不安がありました。

 

しかし、実際にご見学して頂くと、広さや間取り、設備、価格等は勿論の事、

立地に関してもご自身が育った地元の雰囲気と似ているところがあるとのことで

気に入って頂くことが出来ました。

 

最初にお問い合わせ頂いた時から、工事の進捗状況のご報告や、現場の写真、地域環境等を

メールや写真でお送りさせて頂きました。

O様からのお話によると、そのメールや写真等で完成までの間、物件のイメージや、

そこでの新生活のイメージをして頂いていたようです。

O様から前向きにお話を進めたいというご連絡を頂き、再度物件をご案内しご成約に至りました。

 

その後、金融機関での融資の審査中も状況報告を細目にご連絡することに努めました。

次第にO様からもご質問等の連絡を頂くことも増え、

O様の望むタイミングで、望んでいる情報をお伝えできたことが

O様と信頼関係を築くことが出来た一つの要因であったのかと思います。


お引き渡しの際には、これまでで一番の笑顔を見ることが出来て、私自身大変嬉しく感じました。

これから新居で、O様の笑顔が更に溢れるような幸せな日々を過ごして頂くことが私の願いです。

川端タテヨコ.jpg担当 川端



私が担当させて頂きました「N様」ご家族は、当時賃貸の戸建にお住いでした。

賃貸では無く、自分達の一戸建てが欲しいと物件を探し始めたばかり。

 

その思いの中でインターネットを検索、最初の1件目としてお問い合わせ頂いた住宅が

当社がお預かりしていました一戸建て住宅です。

早速、ご案内させて頂くことになりました。

N様が見学時に、何と何と・・・偶然にもN様ご家族のご友人家族がお隣に住んでいることが分かり、

久し振りの再会にお話しが弾み住宅もオシャレでN様も大変気に入って頂きました。


探し始めの1件目と言う事もあり、その場で判断頂く事は私もお勧めしませんでした。

大変迷われたN様から「一度他の物件も見させてください」とご相談がございました。


しかし、不動産は車と違い世界に1つしかない。

同時期に同じ物件を検討されている別のお客様が先に購入してしまい、

時間差で涙を流す方も数多くいると、体験した先輩社員からいつも聴かされており、

N様のご要望に応える為にもスピードが大切だと心掛けました。

 

早速、後日別の物件を何件かご案内させて頂きましたが、どれも気に入って頂けなく

最初にご案内させて頂きました一戸建ての良さが際立つ形になり、N様ご夫婦の意見が一致しました。


そこからはトントン拍子にお話が進み、また私達も素早い対応を心がけた結果、ご契約に至りました。

 

不動産はタイミングだと良く言われます。場所や間取り、金額など人にはそれぞれ複数の条件があり、

それらが全て満足出来ることは、なかなかありません。

しかし今回のケースは以前にアパートでお隣だったご家族とたお隣になるという「ご縁」もあり、

N様も他の条件も含めて大変満足頂けたのではないかと思います。

 

引き渡しの際にはN様より「対応が丁寧で安心できる」とおっしゃって頂き

私達もN様の笑顔が溢れている姿を見る事が出来、とても嬉しかったです。


佐藤タテヨコ.jpg担当 佐藤



国道330号線沿いの那覇市古波蔵に弊社の事務所があります。

 

毎朝、全社員で事務所の前の掃除を行っています。

私達が今できる、地域の社会貢献活動として創業時から続けている事です。

事務所の前だけではなく、前面道路沿い右のバス停~左のバス停の

200メートルを清掃させて頂いております。

 

ある日T様が突然事務所に訪れ、ご自分の土地売却のご相談に来られました。

 

聴く所によるとT様はご近所にお住まいの方で

『毎朝清掃活動をしている姿を見て、この会社の従業員は誠実な仕事をしてくれるのではないか。』

と思い弊社に来られたとの事です。


とても有難いお言葉とお気持ちを頂き、ご売却のお手伝いをさせて頂く事になりました。

 

売却も無事に終わり、その後の話の中で、T様は他にも不動産を所有されており、

馴染みの不動産業者もいる中で『弊社にお願いした』とお伺い致しました。

ほんとに、感謝・感謝です。

 

設立当時から毎日行っていることで、自分たちでは当たり前の習慣となっていますが、

日々の行動を誰かが見ていてくれて大切な資産の売却をご依頼頂けた事が、何よりも

嬉しく社員一同胸が熱くなる出会いでした。


佐久川タテヨコ.jpg担当 佐久川




私が担当させて頂いたS様ご家族は、沖縄に何度か旅行で来ていて、

沖縄の雰囲気・のびのびとした生活にいつしか憧れを抱き、思い切って移住をご決断されたそうです。

住む場所をネットで検索、弊社HPにS様が憧れる魅力的な物件の掲載が多かった事

から弊社へお問い合わせを頂きました。

 

S様ご家族は5人家族で1番上のお子様が小学生で、学校までの距離を気にされていました。

最初にご案内させて頂いた住宅は、新築で予算もS様ご家族の希望に合ってはいましたが

学校の距離の問題で、一歩踏み出す事が出来ませんでした。


私は、これから販売予定の中古物件を思い出し、S様にいち早くご紹介致しました。

 

お子様の学校の距離の件・物件は気に入って頂けたのですが、問題は

検討していた予算の金額と大きく離れていた事でした。


しかしS様は、その物件をとても気に入っていたので購入に向けて行動を起こしました。

S様ご家族は県外に自己所有の持ち家があり、その家を売却し自己資金を

ご準備しましたが、金融機関からの回答は残念な結果の返答でした。

 

しかしS様ご家族は凄く前向きで諦める事はなく、そんなS様ご家族を見て

私も諦めず自分に何が出来るかを考え何度も金融機関へご相談させて頂きました。


県外の自己所有住宅も売却が進み、S様の沖縄移住計画は着々と進んでいましたが、

行動の速さとは裏腹に金融機関との調整が上手くいかず不安はつのり、

担当している私自身、常に神経を使い手続きに間違いが無いようにしていました。

 

最終的に、金融機関からご融資の承諾を頂き、無事に引渡しを終える事が出来ました。

 

金融機関の判断を覆す事が出来たのは、金融機関の誠実な対応

弊社への金融機関側の信頼・実績・諦めないお客様の気持ちに応えたいとの思い

なによりS様ご家族が諦めない気持ちと弊社を信じて協力して頂いた事

良い結果になったと思っています。

 

関係者の皆様に感謝致します。


新里タテヨコ.jpg担当 新里




T様と初めてお会いしたのは新築マンションのモデルルームをご案内させて頂いたときでした。

T様の奥様は最初から真剣に購入を考えられている様子でしたが、ご主人様は足早にモデルルーム内を見て回り

『さぁ帰ろうか』とまさに奥様に連れられてとりあえず見に来たというような素振りでした。

私はそんなT様を見て"ご夫婦の不動産に対しての考えのベクトルが違う方向を向いている"と感じ、

T様にご提案させて頂きました。

 

『皆様それぞれにいろんな状況や条件、想いがあってマイホーム購入に向けて物件を探されていると思いますが、

私が考えるマイホーム購入の大目的は"家族の幸せ"だと思っています。失礼ながらT様ご夫婦は今、

向いている方向が違うように思えるのですが、日頃マイホームについてご夫婦でお話になられていますでしょうか?』

 

年下の私が生意気にもT様ご夫婦にその様に質問したのです。

いやいや、奥様の見学時の姿を見て、このまま帰って欲しくなかったと言った方が正解かもしれません。

 

するとT様ご家族はすでに一戸建を所有されているとの事です。

その一戸建に対してご主人様は不満なく、既存の住宅ローンがまだ残っているので

マンションに住替えるという考えは殆どないということがわかりました。

 

『そうでしたか。大変失礼いたしました。でもよい機会なので宜しければ奥様のお考えもお聞かせ頂けますか?』

とお聞きすると、奥様は現在一戸建に不満があるということではないものの、

子供の今後の学校の事や自分達の年齢のことなど、将来的に考えてモノレール駅近くで利便性が良い場所、

しっかり管理されており防犯面でもセキュリティーが高い、マンションの方が

今後のT様ご家族の為になるというお考えをお持ちでした。

 

『今の奥様の考えからT様ご家族に対して私達がご協力出来ることが2つあります。

 

1つは新築マンションの購入のお手伝い。


2つ目はご主人様も懸念していた一戸建を弊社で買取ることが出来れば

時間をかけずに完済ができ、新築マンション購入がスムーズに進められること。』

 

その2つを伝えて、その日は一旦持ち帰ってマイホーム購入の大目的である

"家族の幸せ"についてT様ご家族で話し合いをして頂くご提案をさせて頂きました。

 

それから数日後、ご主人様より

『家族で話し合った結果、現在の事だけではなく将来を見据えてマンション購入を前向きに検討していきたい。

その為には自宅を売却することが必要になるので、その辺についても相談がしたい。』

という連絡が入りました。

 

それから何度かご自宅を拝見させて頂きながら査定を行い、既存住宅ローンの残債などのことも考慮しながら、

ご納得して頂いた上で弊社がT様のご自宅を購入させて頂き、

同時にT様ご希望の新築マンションもご購入頂きました。


当たり前のことではありますがご家族やご夫婦といっても個人個人の考えや思いがあります。

その方向性を合わせられたことが今回良い結果に繋がった要因だと思います。


現在、不動産購入で悩まれている方もご家族での方向性を合わせることで必ず良い不動産に巡り合える

と私は信じておりますので、是非ご家族で"夢のマイホーム"について語り合ってみてはいかがでしょうか。


金城タテヨコ.jpg 担当 金城




A様は、収益物件をご購入されたお客様です。

ご両親が不動産投資に携わっており、その姿を見て

A様ご自身も「いつか自分もやってみたい」と興味を持ったとの事です。

そんな矢先、車で通り掛けに偶然弊社の看板を見て、お問合せのご連絡を頂きました。

 

早速、翌日現地で約束、ご来場して頂くことになりました。

実はA様は、私が不動産の営業をして初めて一人でご案内させて頂いたお客様となります。


これまでは、先輩社員に付き添って頂きながらの案内でしたが、今回は一人だったので

私も緊張してしまい物件のご紹介や返済シミュレーション、団体信用生命保険等、

どれも拙いご説明となってしまいましたが、真剣に耳を傾けて下さいました。

ご案内物件も外観だけでなく、室内も大変気に入って頂きました。

 

また、価格の面や管理会社とのやり取りについて等いくつかの宿題を頂き、

翌日早速ご返答の連絡をさせて頂き、再度ご案内する事になりました。

ご来場して頂いた際には、沖縄県内の不動産投資の現状や当物件の収益物件としての可能性や

ご返済計画についてなど、気がかりとなっている部分についてもご相談を受けました。

 

A様は投資物件の購入を検討され始めたばかりで、

実際に物件のご見学をされるのも弊社が初めてでした。

初めての経験でA様ご自身不安も大きかったことかと思います。

A様が抱いている不安や心配事を一つずつ解消して頂けるようご説明に努めました。

その結果、ご納得頂きご成約に至りました。


 ご成約後A様が嬉しそうな、またホッとしたような表情をされていたことがとても印象的でした。

A様の記念すべき初めての不動産購入、そして私の初めての巣立ち(笑)

この瞬間を大切に携わることが出来たことを心から嬉しく誇りに思います。

川端タテヨコ.jpg担当 川端


職場までの通勤途中に弊社の看板を見てお問い合わせを頂きましたH様。

その看板には「リフォーム済中古マンション」と表示されており、

「リフォーム済マンションってどうなのかな?」と疑問に思ったのが切掛けです。

 

実際に見学して頂いた時は、お洒落な感じや新築同様の綺麗さに感心され、

気に入って頂きましたが、H様のご希望する場所ではありませんでした。


色々な話をさせて頂く中でH様のご希望条件を把握する事が出来、

H様の夢が叶えられるマンション探しの力になりたい!との思いで

日頃お世話になっている同業者様の取扱情報も含め手当たり次第に集めました。

物件を探している中で、場所や築年数も含め、H様のご希望条件に近いマンションはここだと

思うマンションは見つかったのですが、残念な事に販売している部屋は有りませんでした。

 

そ~なんです。販売もしていないマンションを眺めH様の事を考えながら、

売りにださないかな~と勝手に思っていたのです。(笑)

住んでる方にとっては、ほんと失礼な話だと思います。

 

でも神様に私の思いが通じたのです。(笑)

 

どうしたものかと思いに伏せながらそのマンションを眺めていると、

ある部屋がリフォームしている事に気づきました。

どうしてリフォームをしているのか???

私の憶測は・・・

賃貸でその退去に伴う原状回復?

住んでいる人がリフォームをしているだけ?

これから販売する為のリフォーム?

 

それから毎日のようにそのマンションの物件情報が出ていないかチェックしました。

ある日、私が眺めていたあのマンション、リフォームをしていたあのお部屋が販売していたのです。

直ぐに取扱業者様に連絡しご紹介依頼をしたところ、前日にリフォームが終わり

本日から広告をスタート、急に問い合わせが来たのでビックリされていました。

そして直ぐにH様へ連絡し内覧して頂き、価格、場所、物件共に気に入って頂き成約に至りました。

 

不動産はタイミングが大切だと良く耳にします。

今回は、リフォームと言うマンションを見て、

H様自身がその良さを十分に把握できていた事が決断に繋がったと思います、

それと同時に、

タイミングを逃さずに物件を紹介できたこと、

H様もすぐに内覧、その場で決断できる準備を整えていたことが

夢のマイホームを購入することが出来たポイントだと思います。

 

H様、取扱い業者様有難う御座いました。


金城タテヨコ.jpg担当 金城



私が担当させて頂いたご相談者様、Y様ご夫婦より、

ネットに掲載されている投資物件をお問い合わせ頂きました。

 

ご案内物件を見て、おしゃれな内装や仕様を気に入って頂きました。

Y様ご自身が描いている住まいに対しての考え方は、ご自身で住む可能性と

賃貸に出すことも考え投資としての付加価値も備えた住宅や場所を重要視している様でした。

その中でも、使い勝手や設備の確認、建築工法や長期的な耐久性などを主に確認し、

物件を購入した将来像を具体的にイメージ出来るようになりました。

 

 Y様ご夫婦とお話が盛り上がる中、Y様は

初めて投資物件の購入を検討されている方で、実は様々な不安があることがわかりました。

 

賃貸管理会社やローンの組み方、銀行の融資について、賃貸に出した場合の顧客のニーズ、

メンテナンス費用、設備の故障した場合等々。

その不安や質問11つにご納得頂いた結果、ご契約頂くこととなりました。

 

契約後、こんなお話しがありました。

不動産を探しはじめ、他の物件も何度か見学した経験はあったのですが、

他の不動産会社では、玄関を開け「ハイどうぞ」と中を見せて終わりだったとの事です。


それと違い、サンクス沖縄さんは一つ一つ丁寧に説明をして頂き、また色々な質問にも答えてくれ、

(『初めて』は誰にでもあることだけど、初めての契約がサンクス沖縄さんで良かった)

と、Y様ご夫婦におっしゃっていただき、とても嬉しかったです。

 

物件確認がネットで簡単にできる時代です。

しかし実際にお会い出来たことで、Y様ご夫婦の不安な部分を聞く事ができました。

Y様ご夫婦の笑顔につながったと思います。


佐藤タテヨコ.jpg担当 佐




買主であるN様は以前から実家の近くでお住まいをお探しになられていたとの事です。

希望条件で不動産情報サイトをチェックすることが日課。

 

「新築又は中古戸建でエリアは与那原町、間取りは3LDK以上、価格帯は30,000千円というのが希望条件」

 この条件で気に入った物件がヒットするのは難しく毎日モヤモヤとストレスの日々、半ば諦めかけていましたが、

ある日検索にヒット→見学→決断→契約に至りました。

 

買主N様の立場から考えると、毎日チェックしている不動産情報サイトで希望通りの物件を発見し

見学→契約に至ったというシンプルな話なのですが、実はこの話にはもっと深い経緯があったのです。


売主様であるH様は与那原町で一軒家を建て生活をしていましたが、お子様の進学などから、

やむを得ず那覇市で住むことになり県内の不動産会社に販売の依頼をしておりました。

ところが月日が経過しても、進展せず悩んでいたとの事です。

H様の立場だと、現在の住宅ローンを返済しながら那覇市での生活と二重生活が続いていたので

その当時の悩みは十分にお察しできました。

 

そんな悩みを知人K様に相談したところ

『依頼したらすぐに動いて販売してもらった良い不動産があるよ』と当社を紹介して頂きました。

実はK様の住宅の住み替えを当社でお手伝いしたことがあり、

あの時のスピード感と的確な仕事ぶりに一押しの業者だとH様に話していたそうです。

嬉しい話ですが、そのご紹介の期待を裏切る訳にはいかなく、

これまでの経緯や事情をじっくり聞き物件を見させて頂きました。


問題点

1・H様は二重の生活費が現在も続いている事。

2・現在物件価格が40,000千円と高額な為、なかなか案内に至ってない事

3・依頼している不動産業社とのコミュニケーションも上手く行ってない事

4・人が住んでない為、庭が荒れている事


以上の4つが重要項目である事を把握しました。

 

当社の解決策として

 1・現在土地100坪・建物30坪 販売価格40,000千円の物件の土地を分筆して土地50坪・建物30坪で30,000千円にする。

 そして残った土地50坪を土地のみで販売する事を提案しました。

 まずH様の住宅ローンの負担を取り除く事が1番重要な事だと考え販売する不動産を2つに分けたのです。

2・価格を30,000千円に設定することにより、不動産情報サイトでのヒット数や求めるいるお客様の選択が広がる事。

3・当社から積極的に状況報告や販売方法を細かく伝え、H様が状況を把握することで安心してもらいました。

4・また、庭の雑草や物件を清掃することにより、この家の素晴らしさを引き出そうと考えました。

 

その結果、N様(購入者)の目に留まり、販売スタートして3日目で申込み成約となりました。

 

流石にH様も、こんなに早く決まって驚かれていましたがH様の一番の悩みでもあるローンは完済し、

残された土地も焦らずに当社が責任をもって販売することを承諾頂きました。

 

今までの経験や知恵を使い、プロとしてご提案ができたことでお客様両方の希望を叶えられることができました。

取引を頂いたお客様からまた別のお客様へとご紹介頂き、御期待に応える事が出来大変嬉しく思います。

 

金城タテヨコ.jpg担当 金城


K様は、分譲マンションを購入してお住まいです。

子供たちの成長に合わせて一戸建に住み替えのご希望でお問い合わせを頂きました。

 

K様の住み替えの条件は

1・出来るだけ、今住んでいる地域の近くで部屋数が多く広い住まい

2・予算            

でした。


通常、住み替えを考える時に、お子様の学校区内で探される方がほとんどですが

K様自身、同じ学校区の中で自分達が望んでいる住まいは難しい事を十分に理解していました。

また色々とご案内させて頂きましたが、価格や学校までの距離、環境など

要望に合う住宅は中々見つかりませんでした。


途中、中断した時期もありましたが、約1年半が経った頃、中古物件の枠に囚われずに

これまでは考えていなかった木造の新築住宅をご提案しました。

広さは十分にあり、予算も本人の希望以下と、K様も考えてなかった別の角度からの提案に

当初は多少の不安もありましたが実際の物件をご案内すると、

新築で予算も広さもご納得頂ける住宅で、ご成約に至りました。

 

K様との出会いから、お引渡しまでに約2年弱と長い期間かかりました。

K様ご家族の1番のご希望である子供達がのびのびと暮らせる環境つくりのお力添いが

出来たことがなによりの喜びです。

 

長く色々な物件をご紹介しながら関わらせていただく中で、

弊社を信頼して頂き、K様所有の分譲マンションもご希望の時期とお値段で売却することが出来ました!


全てが終わり感謝のお言葉を頂いた時には、自分が携わっているこの仕事を心から誇りに思えます。

買主様でも売主様でもご満足頂き本当によかったです。


佐久川タテヨコ.jpg担当 佐久川


中古の一戸建てを沖縄市周辺で探されているとE様より当店へご連絡がありました。

お母様「E様」は息子様「T様・C様」お二人に資産を残したいというお考えです。

 

私はすぐにスケジュールを調整して、当日ご案内させて頂く事が出来ました。

その日はお母様「E様」だけのご来場でしたが、日を改めて息子様「T様」にもご見学頂きました。

お二人ともご案内した物件を気に入って頂き、お申し込みに至りました。

 

しかし、そこにはいくつかの乗り越えなければならない壁がありました。

1・息子様「T様」の年齢が若いこと

2・息子様「T様」の勤務年数が短い事

3・お母様「E様」の援助が必要だと言う事

4・融資を受けるのに、金融機関からの条件が提示される可能性がある事

 

など、住宅購入は超優遇金利を利用する為、本人の購入意思とは別にいくつかの融資条件があるのです。

勿論、息子様「T様」の心配を取り除く為に、無理がない資金計画を何パターンも提案し、

この支払い金額であればと息子様「T様」も安心され銀行へのお申し込みを行いました。

 

しかし金融機関からの回答は残念な結果の返答でした。

 

私は金融機関からの回答をもとにお母様「E様」・息子様「T様」と話をして揺るぎ無い購入意欲を確認しましたが、

金融機関からお断りされた事で、少し諦めかけた様子も見え隠れしていました。

その事を上司に相談した所、息子様「T様」を会社全体でバックアップしていく

それをお母様「E様」に伝えて再度家族状況なども確認して今後の事を相談しました。

 

その中で、お兄様の「C様」が協力的であることや、

もともとはお母様「E様」も二人の息子の為との思いを話して下さいました。

 

その後、日頃からご愛顧頂いている金融機関に息子様「T様」の件を事前にご相談させて頂いた結果、

借り入れの融資を受けられることになり引渡しを終える事が出来ました。

 

金融機関側の判断を覆すことが出来たのは、提携している銀行への信頼と実績が弊社の強み

営業マン1人だけではなくサンクス沖縄という会社が息子様「T様」に対して誠実に対応させて頂いたこと、

そしてなによりもご家族皆様の諦めない気持ちと弊社を信頼して頂いた

良い結果を生んだのではないかと思っています。

 

ご家族皆様の笑顔が絶えない映像が目に浮かびます。


新里タテヨコ.jpg担当 新里



C様ご家族との出会いは、当時新築分譲マンションの販売を

お手伝いしていた頃にモデルルームにご来場頂いた時の事です。

 

C様ご家族は5人家族で、現在賃貸アパートに住まわれており、住宅探しの切っ掛けは、

家賃を支払い続けるのがもったいなく、そろそろ自分の住宅が欲しい

との事で今回初めてのご見学でした。

ご主人様は県外、奥様は宜野湾市の出身、現在は浦添市にお住まいで、

野湾市から浦添市がご希望地域との事です。

住宅探しはスタートしたばかり「価格・自己資金・支払金額」などの目安を

具体的にお話ししていく中で、新築のマンションはC様ご家族のご要望からすると厳しい事が分かりました。

 

そんな厳しい状況に、C様家族が夢を諦めかけたその時・・・つい言ってしまいました。

「わかりました、私におまかせ下さい!きっとC様に合う住宅をお探しします!!」と・・・

勢いあまって偉そうに言ってしまいましたが、当ては何もなかったのです。

ただ、C様の夢を一緒に叶えられたら

ここからC様の住宅探しがスタートしました。

 

ご要望や諸条件等を伺い、新築から中古まで自社の取り扱い物件以外も含め広く探しご案内していく中で、

C様のご希望にピッタリの「場所・間取・価格」の中古物件が見つかりました。

全ての要望は満たされていますが、まだ物件を見始めたばかりであること

もっと良い物件があるかも知れないと考え、その時は購入までの結論に至りませんでした。

 

それから希望地域に新しい物件が出ればご連絡し案内することを繰り返しました。

最終的には1番始めにご提案した住宅をご契約頂きました。

C様から、「諦めずに付き合ってくれた」と感謝の言葉

ご両親・友人・職場の方々の前でこれまでの経緯を話され、改めてお礼を言われた時には、

本当に嬉しく胸が熱くなりました。

 

お引渡し後も食事にお誘い頂き、

次は戸建を考えているからその時はまたお願いね

と、声をかけてくださいました。

あの笑顔が私のなによりの励みになります。


佐久川タテヨコ.jpg担当 佐久川




私が新築マンションを販売している時、近隣にお住まいになられていたY様が

棟外モデルルームにご来場くださいました。

Y様との会話の中で、ご夫婦お二人とも関西の出身で

沖縄に移り住み数年が経つと言う事をお話ししてくださったのです。

しばらく賃貸住宅に住んでいましたが、今後も沖縄で住み続ける人生プランを計画しており、

自分の資産になる住宅を所有したいと考え、

新築だけではなく中古住宅を含め広範囲でお探しになられているとの事です。


Y様の不動産業者に対するイメージは、新築マンションを販売している会社と

中古マンションを販売している会社は、別物で業態が違うと感じていたようです。

確かに無理もありません。一般のお客様から見ると、そう見えるかもしれません。

ただ当社は新築から中古マンション・一戸建て・土地・投資物件と

不動産売買を専門にしている業者なのです。

その事をご説明させて頂きますと、驚かれたと同時に

「自分の考えやこだわりをよく理解してくれる、金城さんに紹介してもらえるなら助かる」

と言ってくださいました。


当時、物件を4件~5件ご案内させて頂きましたが、中古マンションも良し悪しがあり

Y様も悩まれており、ご夫婦共に納得できる物件はなかなか見つかりませんでした。

私は案内を重ねながら、Y様が後々関西へ戻る可能性があることや、

住まいの条件に眺望を重要視していること、バルコニーでくつろぐスペースが欲しい、

また関西へ戻ることになった時にでも運用できる物件や場所である住宅など、

Y様のこだわりが1つ1つ明確にわかってきました。


その時、最初にご来場頂きました新築マンションが

Y様のこだわりにあっているのではと提案させて頂きました。

新築マンションはまだ未完成でしたが、

現場監督に許可を頂いて工事中の建物に入ることができ、

バルコニーのスペース確認や、実際の階数からの眺望を見て、

ご夫婦共に納得してご契約頂きました。


契約後、奥様より

「物件よりも何よりも、担当が金城さんである事に夫婦納得して決めました」

とお言葉を頂けた時は、涙が出る程嬉しく感じました。

新築から中古まで幅広い不動産をご紹介できたからこそ、より良い提案ができ、

お客様が納得してベストな選択にたどり着いたのだと思います。


金城タテヨコ.jpg担当 金城



相談希望者のU様は、築50年以上経つ那覇市内の一戸建て住宅にお住まいで、
建て替えを考えていましたがそこは昔からの住宅地で諸事情もあり
実現できないという悩みを抱えていました。

それで住宅を購入しようと当社に来店され、
希望の住まいについての考えを話して下さいました。
U様ご家族の構成は、ご夫婦・長女(20代)・次女(高校生)・長男(中学生)・三女(保育園)の6人家族です。

希望の条件は、ご長男様の中学校区域のエリアで築浅・予算は3千万円以内と
当時の那覇近郊ではとても厳しい条件でした。

U様には那覇市内の相場を知って頂き、提案として那覇市に近い
豊見城市にある新築戸建をご紹介し内覧して頂きました。
現在の古い家から新築戸建との差は大きく、
奥様も「こんな綺麗な家に住みたい」と、ひと目で気に入っていました。

しかし話を進めていくと、U様の資金計画の中でお子様の成長と共に
学費などのお金が必要であること、
住宅ローンとの支払いのバランスが重要だと感じており、
案内はさせて頂いたものの、
結局その住宅をお勧めすることができませんでした。

何か方法はないかと考えた私は、思い切ってU様の希望のエリアを無視し、

八重瀬町の新築戸建をご紹介し内覧して頂きました。

その物件は、広く・新しく・予算内に収まり購入条件に無理がありません。

U様の希望条件に当てはまり、夢のマイホームに一歩近づいたのですが、
ただ1つ「ご長男様の中学校区域」

一度ご家族皆様で話合いをもってみてはと提案しました。

後日、ご長男様を含めたご家族皆様で、
再度物件を内覧して頂くことになりました。
物件を見たご長男様は「こんな綺麗な家で自分の部屋もできるなら転校してもいいよ」

と、あっさりと転校を受け入れてくれました。

更に話を聞くと、
ご長女様は近くのショッピングモールに勤めることがつい最近決まり、
ご次女様はもともと近くの学校に通っているとの事でした。

思い切って進めた八重瀬町という場所は、U様ご家族にとって
ベストで夢のマイホームが叶う最良の場所だったのです。

固定観念に囚われず提案をすることで、
U様ご家族にとって最良のお住まい探しのお手伝いができました。
そして何よりもご家族皆様に喜んで頂けたのが幸いです。



当社が手配りしています売買仲介・買取りのチラシをご覧になった
H様より中古マンションのご相談を頂きました。

話を聞くと、実は以前より別の不動産会社に依頼しているとの事でしたが、
3ヶ月を過ぎても案内が少なく、状況が分からないまま進展がないところに
弊社のチラシの内容が分かりやすかったということでお電話を頂いたようです。

まず不動産業法を説明し、依頼を受けた時の約束事を説明

当社にすべてお任せして頂くことになりました。
H様が住みながらの販売活動であったため、ワンポイントアドバイス


心がけたことは、案内させて頂いたお客様の内容をH様に報告し、
H様がリアルタイムに状況を把握できるようにして「状況が分からない」

以前の業者様に描いていた不満を取り除くようにしました。

また今回の案内での質問事項や、ご案内させて頂きましたお客様からの言葉を
1つ1つ解決していき、当社も営業マンの案内の質を上げていきました。

結果2ヶ月弱でご成約


不動産には、色んなタイミングがあると言われますが、今回のタイミングは
たまたま当社のチラシを見て頂き、H様からの電話に繋がり、
販売方法や案内方法を変えたり、買主様の質問に答えたりと
すべてのタイミングが良かったのではないかと思っています。

佐久川タテヨコ.jpg担当 佐久川